ル・エタージュblog

秋田市にあるル・エタージュでは、心にひびくモノづくりを揃えております。 使う人が美しさや楽しさを感じ、大切に使う気持にさせてくれる、ていねいな手仕事と出会えますように。 心を込めて。

秋田市山王5丁目11―31-2F
tel018-866-3890
open11:00~19:00
日曜日:休み
イベント期間中は日曜日18時までOPEN

30日(金)から始まる、真木テキスタイルスタジオ展。
糸を作るところから始める。
自然の恵みと人の手による丁寧な手仕事を作品から感じます。
糸を紡ぎ、織り機で布を作り、そしてストールや衣へと変化させる。
とてもエネルギーの詰まった布たちです。
その布・衣にきっと似合うんじゃないかな?と思っていたショールピン。
この真木テキスタイル展に合わせて、shimaさんに作って頂きました。
image
ブローチのように使ったり、ストールや巻きスカートを留めてみたり、帽子につけてみたりと色々な使い方が出来ます。
本日入荷したばかりなのですが、お待ちになってくれてたお客さま、偶然ご来店の方たちへ喜んで頂いております。
同じものがないのもイイのかも。
〒010-0951
秋田市山王5丁目11-31-2F
018-866-3890
OPEN11:00~19:00
CLOSE:日・祝
イベント期間中の日祝は18時までOPEN

残暑の厳しさを感じた9月もあと少し。
涼しさや夕暮れに秋を感じるようになりました。

どこか淋しさを感じてしまう季節、心からふんわりと包み込む優しい布が欲しくなる。
自然の恵みを心から感じる真木千秋さんの布が揃います。
ご案内のDMに、曜日の間違いがございました。
『真木千秋・布・衣』 Maki textile studio
9月30日(金)~10月7日(金)の開催です。
1610_maki_atena_大判はがき横_断裁
手つむぎ、手織りの布、どこか優しさを感じます。
心地の良さを体で感じてもらえたら嬉しいです。
1610_maki_大判はがき横_断裁
タッサーシルクにウールや麻を打ち込んだ布で、パンツ、コート、ベスト。
紡ぎ糸を優しく織り込んだ布はブラウスやふんわりバルーンスカート。
ゆらぎのある絹糸を織り交ぜた素材感ある生地では、ベストやジャケットなど。
こっくりとした秋色のストールとともにご紹介します。
DSC_0474
9月30日の初日は、真木テキスタイルスタジオの大村が在廊しますので、布が出来上がるまでのお話しや、ストール使いなど聞いてみるときっと真木千秋さんの素敵な想いが伝わってくると思います。
〒010-0951
秋田市山王5丁目11-31-2F
018-866-3890
OPEN11:00~19:00
CLOSE:日・祝
イベント期間中の日祝は18時までOPEN

『長く共にしたい靴と鞄』made in Japan vol.4
DSC09835
nakamuraさんご夫婦が作る靴。
同じデザインでも色を変えると、また違う雰囲気になる、シンプルでお洋服も合わせやすいんです。
私、今回同じデザインの靴、2足目を購入♪
私のような足の形には、紐靴やストラップの靴が相性がいいの。次はストラップの靴を作ってもらおうかな~
DSC09836
ふっくりとした素材を使ったこちらは、レディースで作ったのはル・エタージュが初めてだそうで( *´艸`)
うちのちょっとしたこだわりを理解してくれるnakamuraさん。
いつも展示会へ向けての打ち合わせで、色々話し込むのでこのような靴が仕上がります。
DSC09838
furi.さんの鞄
マリマリを見て、予約しにいらしてくださったお客さま。靴を選んでくださったお客さま。
本当に嬉しいです。
新作のショルダーは、日常でも使いやすいサイズだと思います。
DSC09839
柔らかい革は体にフィットするので、歩いてるときにバッグがガワガワとしないのが良いですよ(^-^)
ショルダーの長さなど、短く、長くにも対応しお作りしますので遠慮なくどうぞ。
大き目のショルダーではコチラもございます。
DSC09843
金具の色もステキなの。
革の素材は2種類から、そして色は数十種類から選ぶことが出来ます。
この他、3つポケットのショルダーなど、色んなデザインがございますので是非店頭でごらんくださいませ。
DSC09837
オガワトモコさんのお洋服。
着るとシルエットのキレイなのがよくおわかりになるかと(^-^)
ほんと素敵な作家さんたちとのご縁に、ありがたく思います。
そして、ル・エタージュがら繋がる、お客さまの笑顔が一番の喜びです。
展示会は15日(木)まで。
〒010-0951
秋田市山王5丁目11-31-2F
018-866-3890
OPEN11:00~19:00
CLOSE:日・祝
イベント期間中の日祝は18時までOPEN

↑このページのトップヘ